肘・手首の痛みとは

肘関節、手関節、手指は、よく使う関節でもあるので、整形外科領域に関する病気がみられやすい部位でもあります。肘部管症候群、手根管症候群、ばね指、ドケルバン病、ガングリオンといった疾患に悩まれている患者さまがよく見受けられます。

肘部管症候群

肘の内側を通っている尺骨神経が圧迫もしくは牽引されることで発症する病気です。これによって、くすり指の尺側(小指側)や小指にしびれがみられるようになります。症状が進行すると、くすり指や小指の骨間筋が萎縮するなどして、屈曲拘縮していき、やがて鷲手になっていくようになるほか、指を閉じようとする筋力が低下していくようになります。

発症の原因としては、肘の変形、ガングリオンなどの腫瘤や神経を固定する靭帯の肥厚による圧迫、スポーツによる傷害、小児期に肘を骨折した後の変形といったことが挙げられます。

治療については症状の程度によって異なります。しびれが軽度であれば、患部を安静にして、症状を抑えるためのNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)を使用していきます。また神経を回復させるためにビタミンB12を摂取するなどしていきます。なお強いしびれがある、麻痺が強い、神経が圧迫されているという場合は、手術療法になります。

手根管症候群

女性の患者さまが多いのが特徴で、その数は男性の4~5倍程度と言われています。女性の中でも妊娠期の方と中年期で手をよく使う方に発症しやすいとされています。

これは手根管の中を通っている正中神経が何かしらの原因によって圧迫を受け、それによって手のひら側の親指から薬指の内側半分の範囲で痛みやしびれがみられますが、場合によっては前腕にもしびれが現れることもあります。このような症状は夜間や起床時に強く出やすいとされています。また指を使う動作(ボタンをとめる、箸使い など)がしにくくなるのも特徴です。全体の7割程度の患者さまに左右両方に症状が出るほか、症状が悪化するとしびれを1日中感じるようになって、さらに進行すると物をつかむ力が弱まるなどしていきます。

発症原因については不明とされていますが、仕事やスポーツによる手の酷使、骨折などによる骨の変形、透析、腫瘤による圧迫などが挙げられています。

治療は、保存療法からになります。手根管や周囲の炎症を抑えるために患部を副子で固定する、また炎症や痛みを抑えるためにNSAIDs(非ステロイド性消炎鎮痛薬)や神経機能を高めるとされるビタミンB12を服用するという方法もあります。また手根管内に注射して、正中神経の周囲の炎症を抑えるステロイド注射もありますが、これは注射時に強い痛みが伴います。

これら保存治療だけでは症状が改善されなければ、手術療法による治療となります。この場合、正中神経への圧迫を軽減させるために手根管を覆っている靭帯を切除していきます。その際に皮膚を切開していく手根管開放術か、低侵襲な手術で切開を小さくする鏡視下開放術が行われます。

ばね指

腱鞘炎のひとつに数えられます。指を曲げようとすると引っかかる感じや痛みが出る状態を言います。腱鞘炎とは、手や指を酷使することで発症するようになるのですが、この炎症を繰り返すと指の付け根にある腱が肥厚し、腱鞘(腱を覆うトンネル状の筒みたいなもの)は厚くなっていきます。これが腱のすべりを悪くさせ、上記のようなばね症状(引っ掛かり感や痛み など)がみられるようになるのです。これがばね指です。

女性によく見受けられ、なかでも更年期世代の方が発症しやすく、親指、中指、くすり指で発症するとされ、複数の指で起きることもあります。軽度の場合は、指の付け根に腫れや痛みなどがみられ、朝方に強く症状が出るほか、手指を使うことで症状が軽減していくこともあります。ある程度進行すると、引っ掛かり感(ばね症状)がみられ、さらに悪化させると指を動かすことも困難となります。

治療に関してですが、基本は保存療法です。安静にさせるため患部の指を副子固定するほか、消炎鎮痛薬(NSAIDs)の内服や外用剤を使用していきます。またリハビリテーションのひとつである理学療法の中の物理療法としてパラフィン浴を行うこともあります。また、強い痛みや指に引っ掛かりを感じている場合は、ステロイドなどが含まれた腱鞘内注射を複数回行っていきます。これらで症状が改善しないという場合は、手術療法として皮下から腱鞘を切開していく腱鞘切開術が検討されます。

ガングリオン

手関節でよくみられ(指や膝で発生することもあります)、関節包や腱鞘といった部分からゼリー状の腫瘤(しこり)がみられている場合、ガングリオンと診断されます。なお腫瘤の中身は関節液などが貯留しています。診断がつかない場合は、腫瘤に穿刺して、内容物を吸引し、それを調べることで判断できます。腫瘤部分を触ると、やや硬い弾力を感じるようになりますが、痛みなどの自覚症状はなく、放置をしたとしても問題はありませんが、腫瘤によって神経が圧迫を受けているという場合は切除の対象となります。なお大きさについては、米粒ほどのものもあれば、ピンポン玉くらいになることもあります。

発症の原因については、現時点ではわかっていませんが、若い世代の女性に多くみられます。ちなみに手をよく使う方が罹患しやすいというわけでもありません。

治療に関してですが、腫瘤が発生していても無症状であれば、何もしなくても問題ありません(自然につぶれたり、消失することもあります)。ただ、はっきりと診断をつけるために一度はご受診されるようにしてください。なお治療(切除)が必要なケースは、腫瘤によって神経が圧迫されて、何らかの症状が出ている、どんどん大きくなっている、痛みがあるという場合です。

切除方法としては、腫瘤に注射針を刺して中身を吸引していく穿刺吸引術(再発する可能性が高いです)、ガングリオンを摘出していく手術療法(皮膚を切開して袋ごと摘出する切除術、数mm程度皮膚を切開して内視鏡によって切除する視鏡下切除術)になります。

医療法人宝円会 湘南みらい整形外科
院長
佐々木 洋平
診療内容
整形外科、リハビリテーション科
電話
0463-37-4181
所在地
〒254-0046
神奈川県平塚市立野町40-10
YAMAメディカルパーク 2F
最寄駅
平塚駅北口よりバス
7番乗り場「追分」「営林署」下車 徒歩2分
または8番乗り場「追分」下車 徒歩3分
診療時間
休診日:木曜日、日曜日、祝日
●土曜日:午前9:00~12:00 午後13:30~15:00
△第2、第4火曜日:午後14:30~18:00
※受付時間は診療時間終了の15分前までとなっています。
日祝
9:00~12:30
14:00~18:00