膝の痛みとは

膝の痛みを訴える方の多くは、膝関節に何らかの症状が起きていることが大半です。変形性膝関節症以外にも、膝靭帯損傷、半月板損傷、関節リウマチ、オズグッド・シュラッター病などが考えられます。

関節リウマチはこちら
オズグッド・シュラッター病はこちら

膝靭帯損傷

膝関節には、靭帯(前十字靭帯、後十字靭帯、内側側副靭帯、外側側副靭帯)がありますが、膝に必要以上の外力が加わることで、靭帯が損傷(断裂)している状態を膝靭帯損傷と言います。同損傷は、スポーツの最中や交通事故の際に起きることが多いと言われています。膝に外傷を負って、骨折の診断は受けなかったが、膝が不安定な状態にあるという場合は、膝靭帯損傷が疑われます。主な症状は、膝の痛み、膝の不安定感、歩行障害といったものです。

なお膝靭帯損傷の中で、最も多いとされているのが内側側副靭帯損傷で、膝を外反に捻りやすい、スキー、ラグビーなどのスポーツで起きやすいと言われています。この場合は、膝の内側に腫れや疼痛が現れるようになります。また外側側副靭帯は膝の内側より強い力が加わることで損傷するとされるもので、靭帯損傷の中では発生しにくいタイプですが、柔道での転倒、交通事故などによって引き起こされます。主な症状は、膝の外側で起きる腫れや疼痛です。

このほか前十字靭帯損傷は、スポーツ(バスケット、スキー など)によるジャンプ着地時、急な方向転換や急な停止といった動作をした際に発生します。この場合、膝から足首の部分(下腿)が前方へと引き出されるほか、損傷時は靭帯が断裂した音、関節に血が溜まる、膝くずれといった症状がみられるようになります。後十字靭帯損傷は、膝の前面を強く打撲する、交通事故でダッシュボードに衝突するなどして起きることが多く、発生後は膝から足首の部分が後方へと押し込まれる形となります。損傷の程度は、前十字よりも軽度とされていますが、膝関節に腫れや痛み、こわばり、膝くずれなどがみられるようになります。

治療に関してですが、どのタイプの靭帯損傷であっても、受傷直後はRICE療法(安静・冷却・圧迫・拳上)による応急手当を行います。その後は患部を押さえるための装具装着やテーピングによる固定をしていきます。安静によって筋力が衰えていくので、症状が落ち着いてから予防するための下肢筋力訓練も行っていきます。

上記の保存治療だけでは、膝がなかなか安定しない(複合靭帯損傷、激しいスポーツをしたい若い世代)という場合は、靭帯再建術という手術療法が行われます。

半月板損傷

半月板(膝関節のクッションの役割をする)は膝関節の内側と外側にあるのですが、膝に必要以上の負荷がかかって、その際に膝関節を強く捻ってしまうと半月板が断裂してしまうことがあります。これを半月板損傷と言います。損傷する原因としては、スポーツによる外傷(サッカーやバスケなどジャンプや方向転換が多い種目)、加齢による変性からの断裂(そんな大きくない外力でも起きる)、小児の場合は半月板が正常とされる三日月型ではなく、先天的な円板状の半月によって起きるといったことが挙げられます。なお、半月板損傷は膝靭帯損傷を併発することも少なくありません。

主な症状は膝関節の痛み、膝を伸ばした際の引っ掛かる感じ(膝関節の可動域制限)、膝の腫脹、歩行障害、膝くずれなどがみられるようになります。

治療に関してですが、半月板も膝靭帯損傷と同じように受傷直後は、RICE療法(安静・冷却・圧迫・拳上)による応急手当が必要です。症状が軽度であれば、装具やテーピングで患部を固定します。症状が安定したらリハビリテーションとして、大体四頭筋訓練などを行っていきます。重症の場合は、手術療法になります。この場合、関節鏡視下による縫合術あるいは切除術になります。

医療法人宝円会 湘南みらい整形外科
院長
佐々木 洋平
診療内容
整形外科、リハビリテーション科
電話
0463-37-4181
所在地
〒254-0046
神奈川県平塚市立野町40-10
YAMAメディカルパーク 2F
最寄駅
平塚駅北口よりバス
7番乗り場「追分」「営林署」下車 徒歩2分
または8番乗り場「追分」下車 徒歩3分
診療時間
休診日:木曜日、日曜日、祝日
●土曜日:午前9:00~12:00 午後13:30~15:00
△第2、第4火曜日:午後14:30~18:00
※受付時間は診療時間終了の15分前までとなっています。
日祝
9:00~12:30
14:00~18:00