肩こり・首の痛みとは

首の痛みとは、いわゆる頚部痛になります。この頚部痛や肩こりの症状があるという場合、整形外科領域に関する病気であれば、筋肉や関節、神経に何らかの損傷や障害が起きている状態で、考えられる疾患は、頚椎椎間板ヘルニア、変形性頚椎症、頸椎捻挫(寝違え、むち打ち症)、頚椎症性脊髄症、胸郭出口症候群、頸部椎間関節症などです。

肩こり・首の痛みがみられる代表的な疾患

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎(首の骨)部分にある椎間板の髄核が突出するなどして、そのことによって脊髄や神経根が圧迫を受け、片側の腕が動かしにくくなる、しびれや放散痛、首の関節可動域が狭くなる、肩や頸部の痛みなども現れます。さらに病状が悪化すると排尿・排便障害、歩行障害なども見受けられます。

なお椎間板が後方の脊髄に突出する原因ですが、主に加齢による椎間板の変性が挙げられ、30~50代の男性によくみられます。また加齢だけでなく、スポーツ(格闘技やラグビー など)による首の酷使、姿勢の悪い状態での長時間の作業(PCでのデスクワーク 等)、外傷といったことが引き金となることもあります。

上記のような症状がみられる場合、レントゲン検査(X線撮影)、CT、MRIなどの画像検査によって診断をつけていきます。

治療をする場合、首の痛みが強く出ているのであれば、頸椎カラーなどの装具を使って患部を固定し、安静にします。それと併行して、鎮痛消炎剤(NSAIDs)の内服や神経ブロック注射といった薬物療法によって痛みを緩和させていきます。また、痛みを増強させない、筋力の維持といったことを目的にストレッチや頚椎牽引療法といった理学療法によるリハビリテーションも行っていきます。

このような保存療法だけでは、改善が困難、日常の生活に支障をきたしているという場合は、手術療法(前方除圧固定術 など)による治療となります。

変形性頚椎症

主に加齢が引き金となって、頸椎の椎間板、骨、靭帯などが変性、あるいは変形してしまうことで、脊柱管の中の脊髄や神経根が圧迫を受け、それによって様々な症状がみられている状態を言います。具体的には、首の痛みや肩こりですが、神経根が圧迫を受けていれば、手や腕にしびれ、麻痺、痛みが現れ、脊髄が圧迫を受けてしまうと、腕や手、足などに痙性麻痺(手足が突っ張って、手足や関節を思うように動かせない)がみられるほか、膀胱直腸障害や歩行障害などがみられるようになります。

同疾患は、主に首の椎骨と椎骨の間に挟まってクッションの働きをする椎間板が、加齢に伴って変性し、それによってすり減るなどして、椎骨がズレていき、脊髄などを圧迫すると言われています。

診断をつけるにあたってはレントゲン撮影やCT、MRIのほか、脊髄造影なども行っていき、判断していきます。

治療に関してですが、まず保存療法から始めていきます。痛みを抑える治療としては、鎮痛消炎剤(NSAIDs)を使用していきます。また必要であれば、頸部カラーを装着して、安静にもしていきます。このほか併行して、リハビリテーションとして、理学療法(運動療法で筋力の強化、手足の可動領域の改善。物理療法で温熱療法や頸部牽引)も行っていきます。

これら保存療法では症状が改善されない、麻痺が進行している、歩行障害がみられているという場合は手術療法が選択されます。

医療法人宝円会 湘南みらい整形外科
院長
佐々木 洋平
診療内容
整形外科、リハビリテーション科
電話
0463-37-4181
所在地
〒254-0046
神奈川県平塚市立野町40-10
YAMAメディカルパーク 2F
最寄駅
平塚駅北口よりバス
7番乗り場「追分」「営林署」下車 徒歩2分
または8番乗り場「追分」下車 徒歩3分
診療時間
休診日:木曜日、日曜日、祝日
●土曜日:午前9:00~12:00 午後13:30~15:00
△第2、第4火曜日:午後14:30~18:00
※受付時間は診療時間終了の15分前までとなっています。
日祝
9:00~12:30
14:00~18:00